広島県広島市中区本通の、歯科医院[柄歯科医院]歯科、一般歯科、予防歯科、審美歯科、ホワイトニング、義歯、入れ歯、インプラント、歯周病は、柄歯科医院まで、お気軽にご相談下さい。

柄歯科医院のチームリレーブログ

柄歯科医院のスタッフが綴る歯科のこと、医院のこと、お役に立つ情報まで
色々楽しく綴っていければ良いと思いますので、お時間がございましたら
たまにのぞいてみてください。

第17回 dh coax

立秋をむかえてもなお暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、この度「第17回 dh coax」が広島で行われました。
「dh coax」は同じ志を持った歯科関係者たちの勉強会です。

今回は広島大学歯学部教授 二川浩樹先生による講義でした。

二川先生はNHKやフジテレビ「ホンマでっか!?TV」などに出演され、患者さんに良くなってもらいたいという熱い思いを胸に日々研究に勤しみそれを形に残して来られました。

その形になった物を今回少し教えて頂きました。ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、

L8020菌、Etak です。

まずL8020菌からご紹介します。L8020菌はむし歯菌・歯周病菌・カンジダ菌の発育を阻止する、殺菌効果のある乳酸菌です。この乳酸菌を取り入れたヨーグルトを歯磨きした後に食べ続けることで菌に強いお口へと変わっていきます。このヨーグルトには砂糖が入っておりますので、夜の歯磨き後に食べるのは避け、朝かお昼の歯磨きの後に食べることをお勧めします。

次にEtakですが、Etakが配合された抗菌剤を吹き付けるとその場にいる菌やウィルスを殺します。その抗菌作用は持続性があり、長期に亘って、菌・ウィルスを殺し続けます。

今回、当院ではこのEtakが配合されたEtakOralCareを販売することになりました。

この抗菌スプレーは入れ歯や歯ブラシにスプレーすることで付着している細菌を除去するとともに、24時間増殖を防ぎ、プラーク(歯垢)の形成を抑制することができる優れものなんです。

ご質問等ございましたら、お気軽にスッタフにお尋ね下さい。ただ今、二川先生の講演を聴講したばかりで熱くなっておりますので熱くお答えすることができると思います。

 

むし歯のできにくいお口になりたくはありませんか?

皆さんは、お口の中に 銀歯(金属)の詰め物や被せ物が入っていませんか?

その詰め物が
「とれた」もしくは、「詰め物のふちからむし歯になった」
・・・という経験された方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

実際に、「銀の詰め物がとれた」と来院される方の多くが、残念なことに、取れた詰め物の下の歯がむし歯になっています。

つまり、「むし歯の再発」なのです。

結果、歯をさらに大きく削って、以前よりも大きな詰め物で治すことになってしまいます。
これを何度も何度も繰り返していくと、将来どうなるのか・・・想像するとお分かりですよね?
一本の歯に行うことができる治療回数には限りがあるのです。
歯質は少しでも残していきたいものです。

そこで、ご提案があります。
定期的なメインテナンスはもちろんですが、以前のブログでも登場しました、
CERECでchange!! です。

「口腔内に金属が存在することは、リスクである」

2月に大阪で開催されたセミナーに参加した際、講師の先生である 北道敏行先生はおっしゃっておられました。
金属をセレックに変えていくと、虫歯菌の一つであるラクトバチラス菌は激減するそうです。
体にやさしく、細菌の付着の起こりにくい=虫歯になりにくいセレックは、カリエスリスク(むし歯のなりやすさ)の高い方には、特におすすめです。

リスク検査(唾液・位相差顕微鏡・口臭)を受けられたうえで、その一つの解決策としてセレックで詰め物をかえる・・・というのも、いいと思います。
リスクをできる限り減らした状態で、ずっとずっと変わらないためのケアのお手伝いができるように願っております。

詳しいことは、何でもスタッフにお尋ねくださいね。

葉桜がきれいな週末でした。満開の桜もきれいですが、変わっていく姿もきれいなものです。

 

歯科衛生士の役割

少しずつ暖かくなり、ようやく春の兆しが見えてきましたね。
花粉症の方はつらい時期かもしれませんが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

先日、恒例の歯科衛生士の勉強会、「dhcoax 16th meeting」が神戸で行われました。

午前は、会員症例発表、そして午後から岐阜県で開業されている阿部 馨三先生による「在宅歯科医療から学ぶ歯科衛生士の視点とテクニック」と題された貴重な講演を聞かせて頂きました。
阿部先生の講演はとても楽しく、そして分かりやすく、実習も交えながらで、本当にあっという間の3時間半でした。

超高齢社会が進む中、今後ますます在宅歯科診療が必要となってきます。その中で私たち歯科衛生士の役割、主に口腔ケアで大切な事などをたくさん教えて頂きました。
また、「食のレベルを下げない」「変わらないことに意味がある」と先生は強くおっしゃっていました。
年齢と共にお口の筋力の低下は避けては通れない道です。それによって、誤嚥性肺炎や食事が満足に取れないことで寝たきりになってしまうこともあるそうです。

皆様が、いつまでも美味しく食事ができますように。そして、いつまでも健やかに過ごせますように。今回学んだことを活かして、これからもしっかりサポートさせていただきたいと思います。

マニュアルなきケア

各ショップで桜にちなんだ商品が出始め、春が待ち遠しいこの頃です。

さて、1ヶ月以上も前のことですが、毎年開催される広島大学歯学部の同窓会委員会主催のスタッフ向けセミナーに、当院の歯科衛生士メンバー全員で参加してまいりました。
今年は、東京医科歯科大学臨床教授の内山茂先生をお迎えし、

「ペリオのお悩み解消術 〜SPTを中心に〜」

と題された1日講演は、臨床経験豊富な先生の症例とたくさん読み込まれた文献の紹介で、あっという間に過ぎてしまいました。

歯科において、予防はもちろん大切ですが、慰るケアも大切だということを、長期で患者さんに寄り添われていた先生の症例から学びました。

ケアにはたくさんの道具、機械、薬剤を使用します。同じ口腔内はありませんから、もちろんマニュアルはなく、患者さんにより適したものを選択する知識と適した施術を行う技術が必要です。

これからも勉強し続け、良い情報を取り入れ、腕も磨き、患者の皆さまに喜んでいただけるような衛生士メンバーでありたいと士気の上がった1日でした。

A

Change !!

2017年も宜しくお願い致します。

私事ですが、2月に行われるフルマラソンに向け、
昨年末からコツコツと練習を積み重ねています。
体を動かすことの気持ちよさを学士時代ぶりに思い出しました。
是非とも習慣化したいものです。
そのおかげか30代となり、徐々に貯まってきていた腹回りの肉が減った気が...
誰にも気づかれない変化ですが、1人小さな喜びを感じています。

大小はあれど、変化し続けることは大事だと思います。
柄歯科は今年も変化し続けます!!新しい機器が導入されました。

その名も『CEREC』‼

歯医者で行われる治療のひとつに被せ物治療があります。
従来歯科の被せ物の作製方法と言えば...

この方法が長年にわたりスタンダードと考えられてきました。
しかしながら「口の中いっぱいに材料を入れられる型取りが苦手…」
という方はいませんか?

そこで近年発達しているのが『光学印象』というものです。
簡単に言うと「口の中の写真を撮影し、それを用いて被せ物を作ろう!」
というものです。

近年、口腔内写真の精度もあがり、適合のよい被せ物ができるようになりました。
また、データで保存されているので、複製が可能となっています。
本年も皆様のお口の健康に寄与できるよう、
良い変化をご提供できるように柄歯科も努力し続けていきたいと思います。

 

 

カープのチーム力と柄歯科のチーム力

早いもので、今年も残り2週間となりました。
皆さまにとってどのような1年でしたか?

今年を振り返ってみて真っ先に私の頭に浮かんだのは、やはり広島東洋カープ25年振りのリーグ優勝です!
本当に強く、素晴らしいチームでしたね!
胴上げの映像はいまだに涙なしでは見れません(笑)
シーズン中は受付でもカープの話題になることが多く、皆さまと笑顔で楽しくお話しできたことがとても嬉しかったです♪
連覇、そして日本一を目指して来年もまた広島を盛り上げてくれることを期待しています!

さてチーム力といえば私たちも負けていません!
先月休診をいただき、院長とスタッフで研修旅行へ行ってきました。
写真はみんなで食事会をしたときのものです♪
院長もいい笑顔です^^

仕事のことからプライベートのことまで色々な話をすることができ、とても有意義な時間を過ごさせてもらいました。
いつもとは違う環境で楽しい時間を共有し、それぞれの新たな一面を発見することができるのも旅行の醍醐味ですよね!
とてもいい思い出になりました♪

最後になりますが、今年も一年ありがとうございました。
来年も「チーム柄」一丸となって、皆さまのお口の健康をサポートさせていただきます。
厳しい寒さが続きますが体調には気を付けて、良いお年をお迎えください。
来年もどうぞよろしくお願い致します。

予防のスタートは自分を知ること

当ブログの中でも、

・歯周病と糖尿病の関係
・口腔内の原因による口臭
・オーラルフローラ
・口腔内の細菌を減らす3DS

など、最新の歯科医療を皆さまにお届けするための取り組みをご紹介してきましたが、
全ての共通点は、

「口腔内疾患であるむし歯、歯周病は細菌感染症」であるということです。

キーワードは『細菌』であり、この細菌をいかにコントロールしていくか?が重要になります。

細菌のコントロールを行っていくための第一歩は、ご自身の口腔内にどのような種類の細菌が生息しているか?
そして、それはどのくらいの量か?を知ることです。

そこでこの度、それらを調べる

『口腔リスク検査』

を開始致しました。

1.口臭検査
2.位相差顕微鏡
3.唾液検査

の3種類の検査を通して、あなたのリスク(危険因子)を知ることができます。
リスクが分かれば、予防もより的確に、そして効率的に行うことが可能になります。

重症化するまで自覚症状が現れないことも多い口腔疾患。
健康診断の歯科版と捉えていただき、ご興味があられましたら、是非一度受診ください。

受診のお申込み、 ご相談はお気軽にお電話かご来院の際にスタッフまでお声がけください。

歯周病と糖尿病は“社会病”

寒さが日ごとに身にしみる季節になりました。みなさん、お風邪など引かれていないでしょうか。
さて先日、歯科衛生士の勉強会 dhcoax 15th meetingが広島で開催され、柄歯科メンバーも参加してきました。

今回は、愛媛県松山市で開業されている、糖尿病専門医の西田亙先生による特別講義がありました。
西田先生は医師でありながら、歯周病の治療が糖尿病にもたらす効果を強く感じておられ、歯科の重要性を熱く、そしてユーモアたっぷりにご講義くださいました。

『歯周病と糖尿病は“社会病”』

この言葉が大変印象的で、どちらも食習慣や喫煙、生活背景が大きく関わる病気です。
そして互いに関係性が強く、歯周病が進行すると、糖尿病も悪化するのだそうです。
逆もまたしかり、歯周治療をすることにより血糖値の上昇が抑えられ、糖尿病が快方に向かった例もあるそうです。

なんと西田先生自身、以前は高血圧・不整脈・糖尿病予備軍だったそうなのですが、歯科で歯周治療を受けたことをきっかけとし、今ではこれらの病気と決別できたという経緯をお持ちなのです。とても驚きです。

たくさんの学びがあったと同時に、私自身の生活習慣・食生活も振り返り‥甘いもの・炭水化物・アルコール‥
大好きです。多量摂取しております。

自分の健康の為にも調整していかなければ。と危機感を覚えた一日でもありました。

M

二人に一人が気になっている

秋分も過ぎ秋を感じるころとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

突然ですが、皆さん自分の口臭について不安に感じたことはありますか?

ある調査によると、実に2人に1人が自分の口臭が気になっているといわれています。

口臭には

①病的口臭(口腔内原因or口腔外原因)

②生理的口臭(誰にでもあるもの)

③外因的口臭(一時的なもの)

の3つがあります。

特に重要なのが①で、口腔内原因要因として、歯周病、歯垢、詰め物の不良、

唾液の減少、舌苔、粘膜の炎症などがあります。

この場合の口臭の改善には専門的な治療が必要です。

 

当院では新たに「口臭測定器」を導入しました。1分で簡単に測れます。

口臭の成分を分析することによって原因がある程度わかります。

 

お口のにおいが気になる方はお気軽にご相談ください。

 

歯科用レントゲンは安全?

毎日暑い日が続いておりますが皆さんいかがお過ごしでしょうか?

熱いといえば、先日閉会した「リオオリンピック」では毎日熱戦がくりひろげられ、日本選手団は史上最多の41個のメダルをとりましたね。

今回開催されたブラジルにガラパリ市というところがあります。
ここの一年間の自然放射線量はどれぐらいだと思いますか?

10ミリシーベルトだそうです。

歯科で放射線といえばレントゲンですよね。
お口の中全体を撮影するパノラマ写真、お口の中の部分的に撮影するデンタル写真があります。

では、これらの放射線量はどれぐらいだと思われますか?

パノラマでは、1枚0.02ミリシーベルト

デンタルでは、1枚0.01ミリシーベルトなんですよ。

技術の進歩で、患者さんへの被曝量はかなり低く押さえられています。
どうぞ安心して受診下さい。

今回はちょっとした豆知識のお話でした。

3 / 1112345...10...最後 »