広島県広島市中区本通の、歯科医院[柄歯科医院]歯科、一般歯科、予防歯科、審美歯科、ホワイトニング、義歯、入れ歯、インプラント、歯周病は、柄歯科医院まで、お気軽にご相談下さい。

小児歯科

私たち大人が正しい歯へ導いてあげることが必要。

歯科における予防の重要性を認識している方が多くなってきたと実感します。
その予防の原点となるのが小児歯科です。
お子様の歯のことはご両親にとってはとても心配なことだと思います。むし歯になったらどうしようか、歯並びは大丈夫かなあと心配なことや分からないことがいっぱいだと思います。
誰もが子供のことは初めて経験することばかりで分からないことが多いですし、分からないことが不安ですよね。こんなこと聞いたらダメかなあ、連れて行って泣いたら嫌だなあと思われず、お子様のお口のことで、心配や不安なことがありましたら、いつでもお気軽にご相談ください。当院は全室個室ですので、周りを気にされることなく安心して治療を受けていただけます。
また、当院ではフッ素塗布や食生活、歯磨き指導なども行っています。虫歯になりやすいお子様の歯を守ってあげるために、ぜひ健診に連れてきてあげてくださいね。
嫌がるお子様と戦いながら歯磨きしなきゃ!と毎日頑張っておられるお母様達のストレスを少しでも減らせてあげたいな、親としての同じ目線からどう子供達と付き合っていくかを一緒に考えていけたらいいなと思っています。
ご両親だけが頑張ってもダメです。私達が頑張るだけでもダメです。お父さん、お母さんそして歯の専門家である私達。みんなで協力して、大切なお子様の歯と健康を守っていきましょう!

そのために皆さまに知っておいて欲しいこと

乳歯の虫歯の特徴は

  • 進行が早いが、痛みを感じにくい
  • 歯と歯の間の見えないところで大きくなる
  • 広い範囲に広がる

そのためお子様が「痛い」と思った時には虫歯は大きく進行してしまっていることが多いです。少しでも早い段階であれば・・・と思うことも多くあります。もっといえば、虫歯になる前に予防できたらよかったなと思います。
虫歯になりやすい口腔内環境になるかどうかは、小児期のケアが大きく影響します。
乳歯はいずれ萌え変わるから大丈夫と思っていませんか?痛みやかみ合わせの崩れなどからしっかりと噛めないことは、歯並びを悪くしたり、成長に影響したりします。虫歯になりやすい口腔内環境は永久歯列になっても、そのまま影響することが多いです。
そのため子供の時にいかに虫歯になりにくい環境を作っていくかが大切です。
また乳幼児期の虫歯予防は、保護者の腕にかかっています・・・なぜなら

  • 不規則な食習慣
  • 甘いものの過剰な摂取
  • 歯磨きをしない
  • 仕上げ磨きをしない

これらが虫歯を誘発

★お子さまの健康なお口への道のりは、お母さんのお腹の中にいる“妊娠期”から始まっています。
広島市の制度でもある、「妊婦健診」の受診から始めましょう。
★むし歯を作らないための通院であれば、歯科医院は決して怖い場所ではありません。
乳歯がはえてきた頃から歯科医院に通う習慣をつけることで、歯科恐怖症になることはありません。スタッフも優しい対応を何よりも心がけています。

健康な永久歯への萌えかわりをサポートいたします。

健康な永久歯を得るための3つのポイント

1.食
最近では「食育」とも呼ばれています。
お子さまの食習慣(食事、おやつ、飲み物)によって、歯への影響も大きく変わってきます。健康な永久歯に繋げるための「食」について成長に合わせたサポートをさせていただきます。
2.歯みがき
お子さまが小さな間は保護者による「仕上げみがき」が欠かせません。
正しい仕上げみがきの方法をアドバイスさせていただきます。
3.知識
インターネットの普及により、多くの情報が入手できる時代となりましたが、それと同時に「何が正しいのか?」を見極める難しさもあります。
むし歯、歯周病、咬み合わせ等の正しい知識をアドバイスさせていただきます。

フッ素塗布

歯や、幼弱永久歯と呼ばれ萌えて間もない歯はまだ弱く、とても虫歯になりやすい状態です。また虫歯になりやすいのは、歯ブラシの毛先が届きにくい奥歯の溝や歯と歯の間です。
そのため歯磨きだけに頼っていては、虫歯を完全に予防するのは難しいです。
普段からフッ素入り歯磨剤を使うことに加えて、定期健診の際のフッ素塗布をお勧めします。
歯ブラシでは落とせない歯の表面の汚れを落としてきれいにした状態でフッ素塗布を行うことで歯質を強化して虫歯になりにくい歯にしましょう。

料金:(自費になります)
フッ素塗布:1000円(税別)