広島県広島市中区本通の、歯科医院[柄歯科医院]歯科、一般歯科、予防歯科、審美歯科、ホワイトニング、義歯、入れ歯、インプラント、歯周病は、柄歯科医院まで、お気軽にご相談下さい。

柄歯科医院のチームリレーブログ

柄歯科医院のスタッフが綴る歯科のこと、医院のこと、お役に立つ情報まで
色々楽しく綴っていければ良いと思いますので、お時間がございましたら
たまにのぞいてみてください。

寒い夜といえば

 

最近だんだんと涼しくなってきましたね

特に夜は寝苦しさから解放され、過ごしやすくなってきました。

夜が寒くなるにつれて増えてくるものといえば・・・

そう夜の歯ぎしり、食いしばりです!

 

歯のかみ合わせの面がまっすぐに削れてしまっている方、歯の根元の骨がぼこぼと硬く

膨らんでいる方、上あごの真ん中が膨らんでいる方、下あごの骨の内側に硬い膨らみの

ある方、舌の横が波打った形になっている方、頬の内側に白い線が横切っている方は

食いしばったり歯ぎしりをされているかもしれません。

 

歯に本来必要な機能とは、もちろん食事をすることなのですが、歯ぎしりや食いしばりは

それ以上に歯に負担をかけ続けるため、様々なトラブルを起こします。歯が割れる、

しみる、詰め物や被せ物がとれる…などの症状はこれから年末までの季節、非常に多く

の患者様が訴えられますし、歯周病を悪化させたり、かみ合わせの崩壊を引き起こす

大きな原因にもなります

 

先日、当院では就寝時の歯ぎしりや食いしばりを計測する装置を導入しました。日本の

睡眠歯学のトップランナーである北海道大学の山口教授が開発された装置でとてもコンパ

クトにできています。寝ている間に噛んだ回数はもちろん、その筋電図まで見ることがで

きますので、これまで患者様のお話やお口の中のサインから推測することしかできなかった

ものが、はっきりと見えるようになりました。保険診療で計測可能です。

 

 

株式会社GCホームページより引用

 

食いしばりや歯ぎしりは本来人間に備わっている本能的な行動なのですが、寝室の環境

や様々な生活習慣、飲まれているお薬などで増減することがわかってきました。

 

計測の結果とあわせてアドバイスをさせていただきますのでご興味のある方はぜひ

スタッフにお声がけください。

 

MO

--------------------------------------

おうち時間を活用して

 

9月に入りましたがまだまだ厳しい残暑が続いていますね。

今年の夏は例年とは違ってご自宅で過ごされた方も多かったのではないでしょうか。

 

私も家でカープ観戦をしたり料理をしてみたりと、おうち時間で楽しめることを見つけて

ポジティブに過ごすように心がけています。また来年の夏はいろんなことが楽しめるよう

になることを祈っています。

 

今回はこのおうち時間がある今だからこそ!

普段の歯ブラシでのケアに加えて使っていただきたいオーラルケアグッズを紹介します。

それがこちらの フロアフロス という商品です。

 

 

歯周病予防に必要不可欠なのは、歯と歯の間や歯と歯茎の間に付着したプラークを落とす

ことです。ですが、歯ブラシだけだとプラークは6割しか落とせていないといわれています。

そこでこの歯と歯の間の掃除に欠かせないのがフロスです。

 

フロアフロスは384本の繊維が唾液や水分の摩擦によってフワッと広がり、歯肉を

傷つけることなく、付着した汚れを残さず絡めとります。

イタリア・ミラノ産の柔らかな繊維のため、歯茎の中に入れても痛みを感じずスッキリ

とお使いいただけます。フロスが痛くて苦手意識を持たれている方にもオススメです。

 

私も実際使ってみて、スルスルと楽にフロスを通せるのにしっかり汚れを絡めとって

くれるスッキリ感にとても感動し、今では手放せなくなりました。

 

歯ブラシ+フロスのケアでプラークの除去率はなんと8割まで上がるといわれています!

おうち時間がある今こそ是非フロス習慣を始めてみませんか??

 

新型コロナウィルスの予防をしながら歯科の定期検診とホームケアでお口も身体も

元気に過ごしましょう!

 

YT

--------------------------------------